大注目のふるさと納税とは|日本の景気を上昇させる為に

嬉しい制度ご存知ですか

お肉

ここ数年話題のふるさと納税。自分のふるさとでなく、どこでも好きな自治体に納税できるのです。納税した金額は住民票のある自治体からは還付・控除されるので、プラマイゼロ。ふるさと納税自治体からはお礼品が届き、普通に納税するよりはかなりお得です。こんな素晴らしい制度、利用しないなんてもったいないですよ。

もっと見る

好きな地域に納税できる

畑

税金の控除を考えている方は、ふるさと納税を納めましょう。納めることで各地域の名産品を入手することもできます。ふるさと納税は日本全土の市町村で可能ですが、もらえる名産品を事前に知りたいと考えている方は、比較サイトから調べてみるといいでしょう。

もっと見る

税制を通じて故郷へ貢献

魚介類

納税ではなく寄付です

ふるさと納税とは、納税者が自分の生まれ故郷や、お世話になったり応援したい市町村を選択して寄付できる制度です。納税後に確定申告すると、その寄付金額の一部が所得税や住民税から控除される制度であり、納税と言う言葉が付いていますが実際には寄付の事になります。ふるさと納税は、税制を通じて「故郷へ貢献できる仕組みがあれば」と言う思いの元に導入された制度であり、そこには大きな意義が含まれています。納税者が寄付先を選択できる制度にして、そのお金の使われ方を考えるきっかけにする。寄付先の選択は生まれ故郷だけでなく、気になる都道府県や応援したい地域も可能とし、地域の力になれる制度にする。自治体はふるさと納税の取り組みをアピールし、お互いに納税してもらえる地域になれる様に自治体間で競争し、お互いの成長を高める。この様に、納税者と自治体の両者が共に高め合える関係を築く事がこの制度の目的なのです。

魅力的な謝礼品も

ふるさと納税したい地域や自治体は自由に選択する事が出来ます。生まれ故郷やお世話になった地域を選択できるのはもちろん、それ以外にも各自治体がホームページ等で公開している「ふるさと納税に対する考え方や寄付金の使い道」等を確認して自治体を選ぶ事も出来ます。自治体によっては寄付金の使い道を納税者が選択できる場合もあります。寄付を頂いた自治体の多くは、お礼として金額に応じた謝礼品を用意しています。謝礼品には、その地域ならではの魅力的な特産品などが多く用意せれており、それも寄付先の選択理由の一つになっています。謝礼品は寄付金額に応じてた品物が頂けますが、地域によっては謝礼品にパソコンや電化製品、車までも謝礼品として用意されている自治体もあります。

魅力的な返礼品

お金

ふるさと納税の手続きは、インターネット上でほとんど完結します。ワンストップ申請の特例が適用されれば、確定申告も不要なので、意外と簡単に進められます。ふるさと納税では、寄付をした自治体から購入な果物や魚介類などの特産品を返礼品としてもらえるので、高い人気があります。

もっと見る